和風スパゲティのレシピ

日本語でコーディングするExcelVBA

ワークシート・VBA関数

掛け算を置換するとワイルドカード*と認識される

あいまい検索に使用するワイルドカード「*」と、掛け算に使用する「*」は同じ文字です。よって、掛け算を置換する際に、「*」も含めた置換をすると、*の部分は任意の文字列のため、置換が暴走します。「~*」とすることで、記号をターゲットに置換できます。

セルの数式をVBAで入力する - Formulaプロパティの使い方

セルの数式をVBAで入力するための「Formulaプロパティ」の使い方を解説します。Range("D10").Formula = "=SUM(D4:D9)"のように、数式をRangeオブジェクトのFormulaプロパティに代入することで、数式をVBAから入力することができます。

シート関数をVBA上で計算する - WorksheetFunctionオブジェクトの使い方

ワークシート関数をVBA上で計算するWorksheetFunctionオブジェクトの使い方を解説します。自分でコードを書くと大変だけど、関数だと1発で書けるというメリットに加え、シート関数は自分で書くより圧倒的に高速です。積極的に使っていきましょう。

VLOOKUP関数を高速化する方法2選

VLOOKUPの高速化手法は、《簡単》データが連続していることを活用した計算スキップ法と、《超高速》ソート済であることを活用した近似一致法の2種類があります。どちらも使いこなせばとても便利ですので、是非習得していってください。

数式を値に固定してついでに#N/Aも消すマクロ

数式を値に固定したあと、#N/Aエラーを消去するマクロを紹介します。何がやりたいかは明らかですね(笑)お忙しい方は、ソースコードをコピーして、使い方例のように実行しちゃえばOKです。コードをしっかり読みたい方は、解説もどうぞ。

セル範囲にシート関数をコピーする - 基本構文とサンプルコード

セルに入力されたシート関数を、VBAを使って別のセル範囲へコピーする方法を紹介します。D2=B2*C2と入力し、これをD列全体にコピーするには、そもそもコピーする必要もなく一気に「Range("D2:D7").Formula = "=B2*C2"」でOKです。

IIf関数の使い方 - 基本構文とサンプルコード

便利なのに知名度のイマイチな関数「IIf関数」を紹介します。IIf([条件式], [Trueのときの値], [Falseのときの値])と書きます。IIf関数は初めて見る方でも、()の中身はよく見たことがあると思います。早い話、「シート関数のIF」が、IIf関数です。