和風スパゲティのレシピ

日本語でコーディングするExcelVBA

掛け算を置換するとワイルドカード*と認識される

あいまい検索に使用するワイルドカード「*」と、掛け算に使用する「*」は同じ文字です。よって、掛け算を置換する際に、「*」も含めた置換をすると、*の部分は任意の文字列のため、置換が暴走します。「~*」とすることで、記号をターゲットに置換できます。

Do While~Loop と Do~Loop While の違い

繰り返し処理を行うステートメントである、Do While~Loop文と、Do~Loop While文の違いを解説します。両者とも条件式によってループを続けるか判定しますが、While条件式 を書く位置が違います。ほぼ同じ動きなので、より有名な方を使いましょう。

Do While と Do Until の違い

繰り返し処理を行うためのステートメント、Do While文と、Do Until文の違いを解説します。「条件を満たす間続ける」のがDo While文「条件を満たしたら終わる」のがDo Until文です。使い分けですが、そもそもどちらも使わなくていい気がします。

Len関数は文字列長でなく変数の消費メモリを返すことがある

Len関数には、「String以外の変数を渡すと、変数のメモリ上の大きさを返す」といういらぬ仕様があります。Len関数がなぜか4を返す、文字列の切り抜きがうまくいかない、あたりにお悩みの方は、この落とし穴に落ちていないかご確認ください。

英訳してはいけない変数名第3位「専門用語」

英訳してはいけない変数第1位のワークシート、第2位の列見出し名ときて、最後は「専門用語」です。ExcelVBAを用いて業務を効率化せんとするみなさんはその道のプロです。プロ同士の繊細な意思疎通を図るためにも、専門用語はそのまま変数名にしましょう。

英訳してはいけない変数名第2位「列見出し名」

今回は日本語変数に関するお話です。第1位のワークシートに続き、列見出し名が日本語だった場合は、その変数名をわざわざ英訳してはいけません。特にEnum定数などは、入力も日本語の方が簡単なコードですので、しっかり一致させたコードを書きましょう。

列番号のEnum定数コードを自動生成するマクロ

表形式のデータを定数で定義するとき、Enum(列挙型)定数が便利ですが、毎回書くのは面倒なので、マクロをマクロに書いてもらいましょう。見出し範囲を選択して実行すると、イミディエイトウィンドウにコードを生成して出力するマクロです。