和風スパゲティのレシピ

日本語でコーディングするExcelVBA

中身ごとフォルダを削除する-FSO.DeleteFolder

中のファイル・フォルダごとフォルダを削除する場合はFileSystemObject.DeleteFolderメソッドを使い、FSO.DeleteFolder 削除フォルダパス というコードを実行します。これは空フォルダしか削除できないRmDirで行えないため、FSO必須の処理になります。

KillとFSO.DeleteFileの違い

ファイルを削除する際に使用する、KillステートメントとFileSystemObject.DeleteFileメソッドの違いを解説します。両者はほとんど同じ仕様で、引数(削除するファイルのパス)、使えるワイルドカード、エラーが発生する条件などの挙動もほぼ同じです。

FileSystemObject.DeleteFileメソッド

FileSystemObjectにてファイルを削除する、DeleteFileメソッドの使い方を解説します。FSO.DeleteFile 削除したいファイルのパス で実行できます。Killステートメントと同様、ワイルドカード*を利用して、該当ファイルの一括削除を行うこともできます。

ファイルを削除する - Killステートメント

ファイルを削除する際に使用するKillステートメントの使い方を解説します。Kill 削除したいファイルのパス で実行でき、Excel以外の全種類のファイルも削除できます。また、ワイルドカード*を使用して、該当ファイルの一括削除も可能です。

FileSystemObject入門-参照設定と変数宣言

ファイル・フォルダ操作の便利ツール「FileSystemObject」を使うための事前準備として行う、「Microsoft Scripting Runtime の参照設定」と、「FileSystemObjectのオブジェクト変数のSet」の2つの設定について、やり方を解説していきます。

FileSystemObjectの呼び出しを短縮する方法

FileSystemObjectはとても便利なのですが、CreateObjectやNewを使った参照・宣言部分が面倒です。これを簡単に行う方法として、Public FSO As New FileSystemObjectとPublic変数でNewまで済まし、全プロシージャで使いまわす方法があります。

セルの文字配置(水平/垂直位置など)を設定する

セルの書式設定の配置タブにある、水平/垂直位置や、文字の折り返し、縮小して全体表示、縦書きなどの文字方向設定をVBAで行う方法を解説します。例えば水平方向を中央寄せにするには、Range.HorizontalAlignment = xlCenterを実行します。