和風スパゲティのレシピ

日本語でコーディングするExcelVBA

Range・Cells

RangeとCellsの違い

セルを指定するプロパティ、RangeとCellsの違いを解説します。どちらもセルを取得するために使いますが、Rangeの方ができることが多く「セル範囲や複数のエリア」を取得できます。Cellsは指定が数値なのを利用して、変数や定数を活用するために使います。

RangeオブジェクトとRangeプロパティの違い

Rangeオブジェクトと、Rangeプロパティの違いを解説します。「Rangeオブジェクトを取得する、たくさんあるプロパティの中のひとつがRangeプロパティ」です。これだけで分かるのは難しいと思いますので、より詳しく説明していきます。

帳票出力マクロをクラスを使って書く

完成品の全体が見たい!という方のための、完成品マクロのサンプルコードです。今回のテーマは「データシート⇒帳票を出力」です。クラスの基本的な書き方を使って実装しておりますので、クラスを勉強し始めた方は、参考にしてみてください。

最終行を取得する方法7選 - 基本構文とサンプルコード

Excelのデータ処理をマクロで自動化しようと思ったら、必ずついて回るのが「最終行の自動取得」です。データの処理がどんなものであれ、まずはデータがどこまで入っているかを確認して、処理を実行する範囲を決めないといけません。

セルの数式をVBAで入力する - Formulaプロパティの使い方

セルの数式をVBAで入力するための「Formulaプロパティ」の使い方を解説します。Range("D10").Formula = "=SUM(D4:D9)"のように、数式をRangeオブジェクトのFormulaプロパティに代入することで、数式をVBAから入力することができます。

セル範囲(Range)を指定する方法10選

セル範囲の指定は、簡単に書こうと思えば書けるので、普段はあまり考えない部分かもしれません。ですが読みやすさや書きやすさを追求しようと思えば、とても考えがいのある処理ですので、自分の知識の確認の意味でも、ちょっと確認してみましょう。

セル範囲にシート関数をコピーする - 基本構文とサンプルコード

セルに入力されたシート関数を、VBAを使って別のセル範囲へコピーする方法を紹介します。D2=B2*C2と入力し、これをD列全体にコピーするには、そもそもコピーする必要もなく一気に「Range("D2:D7").Formula = "=B2*C2"」でOKです。

セル範囲の値だけをコピーする - 基本構文とサンプルコード

セルの値だけを、範囲から範囲へコピーする方法を紹介します。A1:C3の正方形を、D4:F6にコピーするコードは、実は「Range("D4:F6").Value = Range("A1:C3").Value」で済みます。「値貼り付け」より速くて読みやすいので、こちらを使いましょう。

固定のセル(Range)を定数(Const)で定義する

「固定セルを定数で扱いたい!」という場面は結構多いです。データシートの上部に固定された、「対象月」や「更新日」のセルとかですね。常に同じRangeオブジェクトをくれる定数がほしいのですが、Constではできませんので、別の方法を使います。

セル範囲のコピー&ペーストに非表示のセルは含まれる?

セル範囲をコピーした場合、オートフィルターで抽出していないレコードはペーストされません。しかし、非表示にしている列はペーストされます。この仕様の違いは、知っている方も多いのではないでしょうか。では両方がかかっているデータをコピーすると…?

For Each ○ In Range はセルごとのループとは限らない

落ちると抜け出せなくなるVBAの落とし穴です。For EachでRangeオブジェクトをループしたとき、全セルが処理されない。Rangeオブジェクト.Countがセルの数を返さない。あたりにお悩みの方は、この落とし穴に落ちていないかご確認ください。

単セル.SpecialCellsはシート全体から実行とみなされる

知らずに落ちると抜け出せなくなるVBAの落とし穴です。SpecialCellsを使ったらバグった。急にシート全体の値が書き換わった。SpecialCellsでセルを絞ったつもりが、元のRangeよりなぜか広くなった。あたりにお悩みの方は、この落とし穴を疑ってください。